News

クリストファーソンがWTCRレース・オブ・ドイツのタグホイヤー・ベストラップトロフィーを獲得

2019-06-22T14:57:49+02:002019年6月22日|2019, WTCR Race of Germany 2019|

WTCR レース・オブ・ドイツでは、ヨハン・クリストファーソンが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのレース2で初勝利を飾った際に、この週末全体を通しての最速ラップをマーク、タグホイヤー・ベストラップトロフィーを獲得した。

世界ラリークロス選手権では2回チャンピオンになっているスウェーデンのクリストファーソンは、リバースグリッドで行われ勝利を飾ったレースで、SLR フォルクスワーゲン・ゴルフ GTI TCR で9:02.039の最速ラップをマークした。

レース3では、クリストファーソンはイバン・ミューラーとの接触という大アクシデントに見舞われ、負傷は免れていた。しかし、レース2でマークした最速ラップが、タグホイヤー賞をもたらした。2番手のラップタイムは、最終レースを4位でフィニッシュしたジャン‐カール・ベルネイがマークした9:03.235だった。

金曜日のレース1でALL-INKL.COM ミュニッヒ・モータースポーツのネストール・ジロラミがマークした最速ラップは、9:04.932だった。