News

ゲリエリ、元F1ドライバーと名門耐久レースに参戦

2018-07-19T06:00:31+02:00 2018年7月19日|2018|

エステバン・ゲリエリが今月末、初めて参戦するスパ24時間で、 元F1ドライバーのリカルド・パトレーゼをチームメイトに迎える。

ALL-INKL.COMミュニッヒ・モータースポーツからWTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)に参戦するゲリエリは、既にカストロール・ホンダ・レーシングからベルトラン・バゲットとともにNSX GT3をドライブすることが発表されていた。

今回、イタリアのレジェンドドライバー、パトレーゼ(写真中央)と、フランスのジャーナリストでレーサーでもあるロイック・デパイユ(父は故パトリック・デパイユ)が加わり、4ドライバーによるチームの布陣が固まった。

「リカルド・パトレーゼとロイック・デパイユが、ベルトランや私とともに同じマシンでスパを戦うのは、本当にクール」とゲリエリ(写真右)。
「自分が若い頃、TVでF1を観ていた時は、リカルドは最も有名で成功を収めたドライバーだった。彼のウィリアムズと、自分のヒーローであるアイルトン・セナのマクラーレン・ホンダが素晴らしいバトルをするのを何度も目にした。ロイックは、隅から隅までクルマ人間だが、真のレーサーでもありル・マンも経験している。最高だよ。スパで、それぞれのドライバーから多くを学ぶことができると確信しているし、今はレースのことを考えるだけでワクワクする」