News

タルクィーニ、「最上の滑り出し」がWTCRタイトルへの鍵になる?

2018-11-17T12:01:33+01:00 2018年11月17日|2018, WTCR Race of Macau 2018|

ガブリエーレ・タルクィーニは、2018年の「最高の動き」が、WTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)の初代王者になるための鍵になる可能性を秘めていると考えている。

ポイント争いでは現在、イバン・ミューラーに対し33ポイント差をつけているタルクィーニ。レース1ではグリッド7番手からスタートして4位でフィニッシュしているが、日曜日に行われる2レースでは、合わせて最大55ポイントの獲得が可能だ。

しかし、BRCレーシングが走らせるタルクィーニのヒュンダイi30 N TCRは、残り2レースは14番手からのスタートとなるため、大量ポイントを獲得できるチャンスは小さくなっている。

「最上の滑り出しにすること、最初のレースではそれが鍵だった」とWTCR OSCAROの選手権リーダーであるタルクィーニはコメント。
「それがポイントを獲得できる好チャンスであることは分かっていた。レース2、レース3ではグリッドの後方に下がるので、今日のチャンスを活かした」

「全てが完璧だった。スタート、マンダリンへのアプローチ、リスボアでのブレーキング。4位まで追い上げて、ノルビ(ミケリス)よりも前にも立った。だから、滑り出しという意味では、シーズンの中でも最高の動きだった」

「前の3人に張り合うほどのペースはなかった。エンジンパフォーマンスに、少し苦戦していた。フィーリングはすごくいいわけではなかったから、ポジションキープを選んだ。幸い、ノルビが後ろについていてくれたから、プレッシャーもなかった。差は小さくなった。イバンには明日、高ポイントを獲得できるチャンスがある。彼のペースはとてもいいし、今日はそのことを見せつけた。彼の滑り出しもとてもよかったから、(タイトル争いは)ものすごく接戦になるだろう」

タルクィーニのタイトルの見込みに関して、レース2、レース3をそれぞれ5番手、6番手からスタートするミューラーは「シナリオは多くはない。ベストを尽くすしかない。フィニッシュして、リザルトがどうなっているか、だ。まだ獲得できるポイントはたくさんあるので、トラブルを避け切ることに努める」