ビヨーク、レース3勝利に続きTAGホイヤー・ベストラップトロフィーも獲得

2018-06-24T19:45:29+02:002018年6月24日|2018, WTCR Race of Portugal 2018|

WTCRレース・オブ・ポルトガルのTAGホイヤー・ベストラップトロフィーは、優勝を飾ったレース3で、WTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)レースウィークエンドでの最速ラップをマークしたテッド・ビヨークが獲得。ビラ・レアルでの速さを改めて見せつけた。

YMRヒュンダイi30 N TCRのビヨークは、4.790kmのサーキット・インターナショナル・デ・ビラ・レアルで2分2.964秒をマーク。土曜日のレース1でガブリエル・タルクイーニがマークしたタイムを上回った。

ビヨークは、リバース・グリッドで行われたレース2でもファステストラップをマークしており、快晴に恵まれたストリートコースで、週末を通して最速ドライバーとしての強さを誇った。

土曜日のレース1では、セバスチャン・ローブ・レーシングのロブ・ハフがDHLポール・ポジションを獲得していたが、この週末、2分を切ったのは、日曜日午前に行われたレース3の予選でDHLポール・ポジションを獲得した際のビヨークのタイムだけだった。

Q2セッションを勝ち抜いたビヨークは、シングルラップで行われたQ3のシュートアウトで、ノルベルト・ミケリスを0.3秒上回る1分59.824秒を叩き出していた。

一方、ビラ・レアル戦でのTAGホイヤー・最多ポイント獲得ドライバーは、50ポイントを獲得したチーム・オスカロ by カンポス・レーシングのペペ・オリオーラに贈られた。