News

不可能を可能にする男・WTCRのモンテイロがニュルブルクリンク24時間にエントリー

2019-06-04T15:45:34+02:002019年6月4日|2019, WTCR Race of Germany 2019|

ティアゴ・モンテイロがニュルブルクリンク24時間にエントリーすることが決まり、モータースポーツで最も過酷なチャレンジの一つに挑む事で、英雄としての評価がさらに高まる事になりそうだ。

テスト中のクラッシュで頭部と頚部に重傷を負った後、415日間に渡る治療からレースに復帰して8ヶ月も経たないモンテイロが、チーム・ホンダADACザクセンがエントリーするホンダ・シビックtype R TCRを駆る4人のドライバーの1人に決まった。

その超人ぶりをさらに証明するかのように、モンテイロは、アイフェル山脈の名門コースで開催されるWTCRレース・オブ・ドイツにKCMGのシビックtype R TCRで挑む3レースに加えて、過酷な24時間レースにも参加するのだ。

「伝統の24時間レースに初めて参戦できることになり、とてもうれしい」と語るポルトガルのモンテイロは、マルクス・オーストリッチ、ドミニク・ヒューゲル、セドリック・トッツとチームを組む。「ニュルブルクリンクは世界で最も過酷なサーキットの1つ。参戦するチャンスを与えてくれたホンダ・ジャーマニーに感謝したい」

ニュルブルクリンクの象徴とも言える耐久レースにホンダが公式に参戦するのは、ここ10年で初めて。長年、ホンダと緊密な協力関係を築くカストロールがサポートする。ホンダ・シビックtype R TCRでタイトルやレース勝利を挙げているJASモータースポーツがテクニカルサポートを行う。

モンテイロと同郷のWTCR / OSCAROレーサー、ニッキー・キャッツバーグ、トム・コロネル、フレデリック・ベルビッシュも、ADAC TOTAL ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦が決まっている。