News

中国戦でジロラミにペナルティ、リバースグリッドのWTCRポールはプリオールに

2019-09-15T08:19:09+02:002019年9月15日|2019, WTCR Race of China 2019|

WTCRレース・オブ・チャイナ、2回目の予選でネストール・ジロラミにペナルティが与えられた。

予選2回目の一環であるQ2で、接触したマ・チンホワがスピンしたことで赤旗が出た理由について再審議をした結果、 ジロラミのQ2でのベストタイムが取り消しとなった。ジロラミは、レース2とレース3は12番手からのスタートとなった。

しかし、ジロラミにはレーススチュワードから、マを妨害したことに対してもさらにグリッド5番手降格のペナルティが与えられた。これにより、今季のWTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)で3勝をマークしているジロラミは、レース2はグリッド17番手からのスタートとなる。

ジロラミが降格となったことで、シアン・パフォーマンス Lynk & Coのアンディ・プリオールがノルベルト・ミケリスのリバースグリッドのポールポジションを受け継ぎ、BRC ヒュンダイ N スクアドラ・コルスのミケリスはレース2を2番手からスタートすることになる。