News

FIA世界モータースポーツ評議委員会、2019WTCR/OSCAROのカレンダーを最終承認

2019-03-08T03:24:22+02:002019年3月7日|2019|

2019年のWTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)の最終版カレンダーが、FIA世界モータースポーツ評議委員会に承認された。

3月7日、ジュネーブで開催されたミーティングで、WMSCはWTCRレース・オブ・マレーシアの開催日を12月13−15日で承認。これにより、今シーズンの日程が全て確定した。

二輪のFIM世界耐久選手権との併催でアジアで盛大に行われるモータースポーツイベントの一環として開催されるWTCRレース・オブ・マレーシアは、12月12日のFIAツーリングカーコミッションでのミーティングで会期が提案され、WMSCからの承認が待たれていた。

WTCRのプロモーターを務めるユーロスポーツ・イベンツの代表、フランソワ・リベイロは、WMSCの決定を歓迎する。
「WTCR / OSCAROのスーパーフィナーレの会期が12月13-15日に決まり、とてもうれしく思う。FIM世界耐久選手権との併催イベントとなることで、ファンは二輪と四輪のイベントを楽しめる独特のショーを味わえる。このイベントではWTCR初のナイトレースも実施される予定で、もちろん、2019年のタイトルバトルの舞台ともなる。まさに、思い出に残るスペクタクルな週末となるだろう。これで準備が本格的に始まる」

2019年WTCR−FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO 開催カレンダー

第1-3戦: WTCRレース・オブ・モロッコ/ムーレイ・エル・ハッサン・サーキット、マラケッシュ(4月5-7日)
第4-6戦: WTCRレース・オブ・ハンガリー/ハンガロリンク(4月26-28日)
第7-9戦: WTCRレース・オブ・スロバキア/スロバキアリンク (5月10-12日)
第10-12戦: WTCRレース・オブ・オランダ/ザントフォールト(5月17-19日)
第13-15戦: WTCRレース・オブ・ドイツ/ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(6月20-22日)
第16-18戦: WTCRレース・オブ・ポルトガル/ビラ・レアル(7月5-7日)
第19-21戦: WTCRレース・オブ・チャイナ/寧波(9月13-15日)
第22-24戦: WTCRレース・オブ・ジャパン/鈴鹿(10月25-27日)
第25-27戦: WTCRレース・オブ・マカオ/サーキット・ダ・ギア(11月14-17日)
第28-30戦: WTCRレース・オブ・マレーシア/セパン(12月13-15日)