News

Q&A: WTCRプロモーター、ユーロスポーツ・イベンツ代表フランソワ・リベイロ

2019-12-09T06:28:45+01:002019年12月5日|2020|

WTCR – FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCAROのプロモーターを務めるユーロスポーツ・イベンツ代表フランソワ・リベイロが、3つの鍵となる質問に答えた。

スポーティング・レギュレーションの変更と、それによる利点を要約していただけますか?
「WTCRで我々が見せているような成功を収めている時は、全体を丸ごと変更することは避け、さらなる向上を見せるための調整だけを行うことが重要。追加重量の計算に予選のラップタイムだけを含めることは、WTCRにとっても、レースを観戦するファンのためにも、可能である中で最善の決断だ。エンジニア達はピットウォールでラップタイムの調整に専念し、ドライバーとの無線連絡に躍起になっている時代が長過ぎた。FIAが、この意見に同調してくれたことを、有り難く思っている」

ルーキー順位にはどのような思いがあるのでしょうか?

「WTCRが始まった当初から、我々が目指してきたことの1つが、若手ドライバーに注目して、プロフェッショナルに育て、今後につなげていくことだった。ツーリングカーレースでは、順位に入ってくる才能ある若手の数が増えていることから、WTCRが才能ある若手のために最も門戸を開いておくことが重要だ」

日本ではなく韓国がカレンダーに入ったのはなぜですか?

「韓国と麟蹄スピディウムをWTCRファミリーに歓迎する。今回も、アジアから4戦がカレンダーに入り、WTCRにとって非常に重要な地域であることが示された。2020年カレンダーには鈴鹿は含まれていないが、将来的に鈴鹿で他のシリーズを開催するために、日本のプロモーターであるモビリティランドとの長期的なパートナーシップは今後もしっかりと続いていく」