News

WTCRレース、レース2のDHLポールポジションはミケリス

2019-09-15T04:34:17+02:002019年9月15日|2019, WTCR Race of China 2019|

寧波で行われた波乱続出の予選の末に、WTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)のタイトルを狙うノルベルト・ミケリスが、WTCRレース・オブ・チャイナ、リバースグリッドで行われるレース2をDHLポールポジションからスタートする。

BRCヒュンダイ N スクアドラ・コルスのミケリス(ヒュンダイi30 N)は、Q2で10番手となった結果、日曜日に行われるレース2をトップからスタートする。

「最後に10番手になったのがいつか覚えていないので、正直かなりうれしいよ」と語るミケリスは、WTCR OSCAROのポイント争いではエステバン・ゲリエリに続く2位につけている。
「この週末、マシンが総合ポールを獲る争いができるか分からず、レース2を1番手でスタートすることはターゲットにしていた。あのセッションは雨の影響を受けたし、Q2で自分がベストタイムを出したラップでは小さなミスを2回したため、あまり速いタイムを出すことができなかった。でも、結果的にリザルトにはハッピーだ」

シアン・レーシング Lynk & Coのテッド・ビョークはQ2で9番手につけたことで、ミケリスと並んでレース2をスタートすることになる。2列目にはBRC ヒュンダイ N ルクオイル・レーシング・チームのアウグスト・ファルフスと、ミケリスのチームメイト、ガブリエーレ・タルクィーニが並ぶ。

WTCRレース・オブ・チャイナのレース2は、現地時間14時30分、レース3はその後15時50分にスタートする予定。