News

WTCR武漢のTAGホイヤー・ベストラップトロフィーは、 シェッデンと激戦を展開したベルビッシュが獲得

2018-10-07T12:49:32+02:00 2018年10月7日|2018, WTCR Race of China-Wuhan 2018|

WTCRレース・オブ・チャイナ武漢のレース3では惜しくもWTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ presented by OSCARO)での初勝利を逃したフレデリック・ベルビッシュだったが、最終的にこのレースを制したゴードン・シェッデンを果敢に追ったチャレンジに対して、TAGホイヤーベストラップトロフィーが贈られた。

アウディ・スポーツ・チームComtoyouのベルビッシュは、シケインのイン側でタイヤバリアに突っ込んだチームメイトのデニス・デュポンから2番手を引き継ぐと、セーフティカーによる短いレース中断明けからは優勝を巡ってシェッデンを猛追。ファステストラップ1:23.990をマークして、TAGホイヤーベストラップトロフィーをたぐり寄せた。

この激走は、土曜日のレース1を制したアウディ・スポーツ・レオパルド・ルクオイルのジャン‐カール・ベルネイがマークしたベンチマークよりも0.4秒速かった。両ドライバーは、リバースグリッドで行われたレース2のウィナー、セバスチャン・ローブ・レーシングのメディ・ベナーニ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)のベストラップよりも速かった。

武漢インターナショナル・ストリートサーキットで総合的に強さを見せたのはベルビッシュで、レース1で5位フィニッシュ、レース2で9位、そしてレース3では激戦の末に2位でのフィニッシュを果たしている。