News

WTCR鈴鹿:レース1のグリッド、上位陣にペナルティ

2018-10-26T13:34:38+02:002018年10月26日|2018, WTCR Race of Japan 2018|

WTCR JVCKENWOOD レース・オブ・ジャパン、レース1のグリッドでは、テッド・ビョーク、ヤン・エアラッシ、エステバン・ゲリエリ、ノルベルト・ミケリス、ティモ・シェイダー、ガブリエーレ・タルクィーニにイベントオフィシャルからペナルティが与えられ、予選から3番降格してのスタートとなる。

当該ドライバーは、予選の終盤、不必要に低速で走行していたとみなされた。有利な走行順を得ることが目的と思われるが、これが危険な状況を引き起こす可能性のある行為だと判断された。

他のドライバーに落ち度があるとは考えられないことから、当該ドライバーは、WTCR OSCARO戦土曜日の最初のレースでは、グリッド3番降格となる。